リア充自慢はもうたくさん! 「SNS疲れ」の傾向と対策

2015.10.28 Google+

SNS疲れ

FacebookやTwitterなどを利用している人たちに度々起こる「SNS疲れ」。気づけばいろいろな人とつながってしまい、知りたくもない情報がバンバン流入、閉口してしまう事態になりかねません。女性限定完全匿名コミュニティ「GIRL’S TALK」では、実名では言えないSNS疲れの本音が暴露されています。解決法も一部ご紹介するので、ネットで消耗してしまった人はぜひご覧あれ。

Facebookはリア充専用ツール?

「Facebookの“リア充”自慢みたいなのが苦手です…友達に勧められて始めてみたはいいのですが、みーんなリアルが充実していますよ~みたいな投稿ばかり…それに『いいね!』をしたりされたり…」(チサキ/22歳)
(引用元:チサキ(22歳)さんの投稿|独り言

リア充とは、リアル(=つまり私生活)が充実しているという意味のネットスラング。確かにあからさまにリア充アピールでは? と勘ぐってしまうときはありますよね。

「嫌だからしない。それでいいと思いますよ? 気にする必要なんて全然ないです! 人は人ですよー」(レーヌ/21歳)

「Facebookではなくmixiをよく利用しています。趣味のコミュニティによく書き込んでストレス発散していますよ☆」(セヴリーヌ/36歳)

「『いいね!』してもらわなくてもいいと思っているので、友達のもしません。 私にはTwitterのほうが向いているので、主にTwitterをしています」(ソフィア/25歳)

「人目が気になって投稿できない……」なんて人が多い反面、赤裸々にプライベート画像をアップする人もいますよね。その投稿を見てモヤモヤした気持ちになるのであれば、思い切ってやめてみることも一つの手。知りたくないのに知る手段を持っているからつらいのです。もしくはFacebookよりもTwitterやmixiをメインに利用するという手も。

友人がTwitterでネガティブ発言

「何か嫌なことがあったり、気にくわないことがあったりするとすぐにLINEのタイムラインやTwitterで愚痴りまくる人ってなんなの」(二ノン/21歳)
(引用元:ニノン(21歳)さんの投稿|許せないオンナ

「かまってちゃんだからでしょうね。どうせひとりじゃ何もできないので生あたたかい目であわれんであげましょう」(リサ/23歳)

「ただ独り言をつぶやくっていうコンセプトだしね、Twitterって。イラっとした時のストレス発散方法って人それぞれだし見逃すってことも出来るんじゃないかなーって思う」(エリ/88歳)

スルー技術を身に付けたいと思って、ついイラッとすることもあります。私が嫌だなと思うのは、ハッキリとは書かないくせに、やんわり負のオーラをにじませている投稿。かまってちゃん臭が強めで関わりたくないのに、気になってしまう! ある意味虜にさせられます。

彼氏とFacebookで友だちになるべき?

「皆さんは、彼氏さん、旦那さんとFacebookで友だちですか? 私は、やきもちやきだし、かなり詮索しちゃう性格なので知らない方がお互いのためかなとも思うのですが、心配性なので友だちになってある程度知っておきたいなとも思います」(ミユウ/24歳)
(引用元:ミユウ(24歳)さんの投稿|恋愛総合

「日頃のコミュニケーションがきちんと取れていれば、FBつながりうんぬんは、あまり重要ではない気がします」(レオン/41歳)

「やきもちやきなら友だちにならない方が良いと思いますよ。変に詮索して勘違いして…ってこともありえるし」(ティナ/24歳)

「今の彼と友だちになっていますよ。お互い旅行の記事とかアップしてタグ付けしたりして、お互いの友達が『いいね!』してくれたりします! 向こうに変な女も寄り付かないし、なんか安心しています(笑)」(ユウナ/22歳)

私の意見としては、こういった悩みを抱いている時点で答えは明白、つながるべきではありません。彼氏の全てを把握したい気持ちはわかりますが、実際は自分の首を絞めるだけ。いらぬ不安でがんじがらめになってしまいます。

どうやら実名ゆえ関わり方に悩む人が多い模様。苦労しながらSNSを続ける理由がしょうもないものだったら、スパッとやめてみるのもいいかもしれませんね。この情報過多の時代ですから、流れてきたものを全て受け入れるのではなく、自ら取捨選択していけたら、精神衛生上よろしいのではないでしょうか。

このエントリーをはてなブックマークに追加

恋愛カテゴリーその他のおすすめ記事

産後4か月、夫が疎ましくて仕方ない。

30代後半の彼氏の価値観と金銭感覚がどうやらおかしい・・・

皆さんがした、または、したいと思った、『復讐』を、教えてください♪

リア充自慢はもうたくさん! 「SNS疲れ」の傾向と対策